一般、予防接種、アレルギー、低身長 
三田市駅前町13-6 TEL 079-558-7871

当院では小児のアレルギー疾患全般について治療を行っております。




食物アレルギー

食物アレルギーの患者さんは年々増えております。しかしながら多くの食物アレルギーのお子さんは自然に軽快していきます。当院では、むやみやたらとは除去をせず、「少し食べてみる」との精神のもと、必要最小限の食物除去を提案しております。本当に除去が必要なお子さんはしっかりと除去をして頂き、必要に応じて食物負荷試験を行っております。また近年保険適応となったエピペンの処方なども行い、学校などとの連携のもと、安心して日常生活が送れるように努力して参ります。

アトピー性皮膚炎

乳児期〜小児期におけるアトピー性皮膚炎も食物アレルギーと同様増加している疾患です。現在の所対処療法での治療法しかありませんが、食物アレルギーとの合併も多くしっかりと治療をしていく必要があります。ガイドラインに基づき、保湿剤などに加え必要に応じてステロイド剤の治療も行います。特に乳児期のものは1歳〜2歳ぐらいで改善することが多いですの辛抱強く治療しましょう。

気管支喘息

幼児期〜学童期、時には思春期にも引っ張ることのある気管支喘息。以前は良い薬もなく、日常生活を大きく障害されるお子さんもおられましたが、ステロイド吸入など近年の治療の進歩によりずいぶん管理が楽になりました。当院では喘息治療のガイドラインに基づき、日常生活を安定して送る事ができるように治療をしていきます。

アレルギー性鼻炎

耳鼻咽喉科領域の疾患ではありますが、内服、吸入など耳鼻科Drなどとの連携のもと必要な処方を行って参ります。